監督で映画を楽しもう! 三谷幸喜監督編!!

豆知識

 映画の楽しみ方は無限にあると思います。好きな俳優さんが出演している映画を観たり、好きなジャンルを観たり…

 その中でも今日は、映画監督で映画を楽しむための情報を提供したいと思います。

 紹介する映画監督は三谷幸喜(みたにこうき)さんです!! この記事を読んで、三谷幸喜監督作品に興味を持っていただけたら幸いです。

 

三谷幸喜監督

 三谷幸喜監督をご存じだろうか。映画監督、脚本家、劇作家、演出家として幅広くご活動なさっている映画ファンなら知っておきたい要注意人物です!

 代表作は『記憶にございません!(2019年)』『ステキな金縛り(2011年)』『ザ・マジックアワー(2008年)』『THE 有頂天ホテル(2006年)』などなど! 一度は聞いたことがあったり、実際に作品を観た人が多いのではないでしょうか!? 

 数多くのコメディ映画を創り出しています!!

 

ビリー・ワイルダー監督を敬愛!?

 三谷幸喜監督を語るにあたって、外すことのできない重要人物は同じく映画監督のビリー・ワイルダー(1906-2002)です!

 三谷幸喜監督はワイルダーの人柄や作品を愛する彼の大ファンであり、ワイルダーの映画の セリフ、伏線のばらまき方、ストーリー展開、構成、プロットの転換点を際立たせる手法などを徹底的に研究しているのです! また、それらの演出法を自分の作品にも活かしているそうです!

 インタビューにもこのように答えています!

映画を作るときに壁にぶち当たったら必ずこう考えるようにしています。ビリーワイルダーだったらどうするだろう?

yutube : WOWOWofficial 三谷幸喜の教科書!ビリーワイルダー傑作選
リンク:https://youtu.be/LYKwNNvhrcE

  三谷幸喜監督のことを知り尽くしたいのであれば、ビリー・ワイルダーの作品にも注目かもしれませんね!

 ビリー・ワイルダーの代表作は『お熱いのがお好き(1959年)』『情婦(1957年)』『アパートの鍵貸します(1960年)』などなど!

 

ちょっとビリー・ワイルダー監督の豆知識

 三谷幸喜監督が研究したといわれるビリー・ワイルダー監督の作品ってどんな特徴があるのか、少しではありますが紹介したいと思います!

<ビリー・ワイルダー監督作品の特徴>

  1. コミカルな娯楽映画の中にシリアスな側面も入れる(三谷監督作品にはあまり見られない)
  2. 小道具で登場人物の心理を表現!(三谷監督も参考にしてるようです!)
  3. 脚本家出身であるので、構成がすごい ….

三谷幸喜監督が映画の先生としたビリー・ワイルダー監督作品を是非みてみてください! 

 

miniまとめ

 三谷監督の魅力が100あるとすればこの記事では1も語ってないかもしれません!

 三谷幸喜監督作品をみればもっと気づくことがあるでしょう! 例えば、監督の遊び心だったり、常連のキャストがいることも…

 そして何より実際に映画館に行ってたくさん笑いましょう! 日本最高のコメディ映画だと私は思っています!!

 この記事を読んで、三谷幸喜監督作品に触れてみたいと思ってくれたらうれしいです! 最後まで読んでいただきありがとうございました! 

 ぜひ私のほかの記事のチェックもよろしくお願いします💦

【参照】

その他画像:フリー画像

スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いたサピエンス
けーてぃー

映画を通して「知る」ことが
できるような記事を書きたいと思います。

気になることがあれば、お気軽に「お問合せ」より意見・感想をよろしくお願いします!

けーてぃーをフォローする
豆知識
けーてぃーをフォローする
映画という大海原

コメント

タイトルとURLをコピーしました