インドが世界一の映画製作国になった理由!

豆知識

 みなさんこんにちは! 『映画という大海原』を管理しているけーてぃーです。

 インド映画といえば、やっぱり歌って踊るイメージ。

 しかしインド映画は実に多様で、娯楽映画からメッセージ性の強い映画まで様々なものがあります。

 そんなインド映画の全てを語りつくすことはできませんが、この記事ではインドが世界最大の映画製作国になっている本当の理由を紹介したいと思います!! (2分ほどで読めます)

 

インドを読み解くカギは植民地時代にあり!

 インドは昔、イギリスの植民地であったのはご存知でしょうか?

 そのため、インドはイギリスから影響を受けてきたといえます。

 影響を受けた一つにヨーロッパから始まった映画というものがあげられるでしょう。

けーてぃー
けーてぃー

映画の始まりはフランスのパリにであるといわれています。

 インドはヨーロッパとのつながりが強いこともあって、アジアで一番初めに映画が公開されました。

 当時の映画は、音のないただの動く映像です。言語に関係なく楽しめるので、どんな人でも楽しめる媒体として、当時の人たちに愛されていました。

  

インドの映画制作がある日を境に急増!?

 時代が進むにつれて、映画館に音を出す技術(トーキー化といわれる)が発達していきます。

 今の映画のように登場人物が声を出して内容を伝えることが可能になったのです。

 しかし今までのように、一つの映画でたくさんの人が理解するのが難しくなってしまいました。外国語が分からない人たちもいるからです。

 インドは多言語国家です。そのため、インド各地で、各地の言語の映画制作が急加速し始めます!

 様々な土地柄、文化、言語を持った多様なインド映画がたくさん見られるようになっていきました。

 結果、インドは世界一の映画製作国になっていきます。

 

どうやって製作本数を数えているの?

 映画はある意味危険なメディアでもあります! 何かを暗示したり、よくない生活習慣をかっこよく見せることも可能です。 (暴力、麻薬、性描写など…)

 そのため、映画をチェックする機関があります。

 このシーンは削除しなければいけないなど、規制をかける機関です。作られた映画はここで審査を受け、審査を通れば上映が認められます。

 その過程をクリアした作品が映画製作本数として数えられるそうです!

 また、吹き替え版もインドでは映画製作本数に加えられるそうなので、これもインドが製作本数が多い理由の一つでしょう!!

  

miniまとめ

 インド映画はさまざまな地域の言語・文化・習慣など多様性を色濃く反映したものが多く存在します。

 ダンスや歌に注目するのもいいですが、こういった地域ごとの特徴に注目してみるのもおすすめの映画鑑賞方法です。

 是非もっとたくさんのインド映画に触れてみてください!!

 最後まで記事を読んでくださりありがとうございます。

 私の記事では数分で読めてわかりやすくまとめた、映画の楽しみ方などを紹介しています。 

 是非ほかの記事も読んで見てください。

 

【参照】

参考文献:新版ハリウッド100年史講義(2017,北野圭介)

     インド映画完全ガイド(世界文化社,2015)

スポンサーリンク
プロフィール
この記事を書いたサピエンス
けーてぃー

映画を通して「知る」ことが
できるような記事を書きたいと思います。

気になることがあれば、お気軽に「お問合せ」より意見・感想をよろしくお願いします!

けーてぃーをフォローする
豆知識
けーてぃーをフォローする
映画という大海原

コメント

タイトルとURLをコピーしました